• TOP
  • >
  • 事故が起こったら

もし事故が起こったら


事故現場での対応

STEP1 けが人を救護する

救急車を呼ぶ、自分で近くの病院に運ぶなど状況に応じて適切な方法をとってください。
軽いケガでも可能な限り病院に付き添い、診察を受けてもらうようにしてください。
 
※落ち着いて、事故現場の住所、事故状況、ケガ人の状況等をお伝えください。
救急車119番
●どこで?(現場の住所は) ●どんな事故?(車との事故か、人との事故か、単独事故か)
●ケガ人の状況は?(意識がある・ない、出血等の状況)


STEP2 事故車を安全な場所へ

事故車をそのままにしておくと、交通渋滞や二重事故の原因になります。
安全な場所へ移動してください。


STEP3 警察へ連絡する

後で「交通事故証明書」を取り付けるために、たとえ軽微な事故であっても、必ず警察に事故届をしてください。警察にはあいまいな言い方は避け、伝えるべき点ははっきりお伝えください。
 
※落ち着いて、事故現場の住所、事故状況、ケガ人の状況等をお伝えください。
警察110番
●どこで?(現場の住所は) ●どんな事故?(車との事故か、人との事故か、単独事故か)
●ケガ人の状況は?(意識がある・ない、出血等の状況)


STEP4 お相手を確認する

加害事故、被害事故にかかわらず、免許証などでお相手の氏名、住所、連絡先などを確認しておきましょう。
また、お相手車両の登録番号も必ずメモしておいてください。
お相手が自動車保険に加入している場合にはその保険会社、証券番号、契約者氏名、連絡先を確認してください。


STEP5 事故状況と目撃者の確認をする

事故の状況は、賠償額を決定するうえで重要です。お互いのスピード、停車位置、信号など忘れないうちにメモしておいてください。
目撃者がいる場合には、住所、氏名なども聞いてメモしておいてください。

※注意
その場では示談しない
人身事故、物損事故いずれの場合も事故現場では示談に関する約束はせずに、弊社及び東京海上日動と十分打ち合わせをしてください。


STEP6 弊社または東京海上日動へ連絡

走行不能の場合には、お車を修理工場へ入庫する前に必ずご連絡ください。
小さな事故や補償を受けられる方に責任が全くない「もらい事故」の場合でも必ずご連絡ください。
当社への連絡が、営業時間外などで行えない場合は、24時間365日受付を行っております「東京海上日動安心110番」へご連絡ください。
 
※事故状況をお知らせください。
●いつ?(事故発生の年月日、時刻) ●どこで?(事故発生場所の町名、番地、道路名、目標物等)
●だれが・なにを?(相手方の氏名、連絡先、住所、年齢、車名、ナンバー、目撃者のある場合は、その住所および氏名等)
●どうして?(事故の原因・形態。スピードの出しすぎ、わき見、飛び出し等)
●どうなった?(届出警察署名、担当警察官の氏名、ケガの程度、病院名・電話番号、自車・相手車の損傷個所、損傷の程度、修理先ディーラー・工場名および電話番号、損害賠償の請求を受けた場合はその内容)


STEP7 事故車を修理工場へ

事故車を最寄りの修理工場へ運びます。損害が大きく、走行できないときはレッカーを頼んでください。レッカーの費用は車両保険でお支払いします。搬入が遅れる場合は、搬入予定日を修理工場へ連絡してください。